□■□■□■□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

   (株)パイオリンク・メールマガジン【アルバトロス】 017号

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■□■□■□■□

※等幅フォントでご覧ください。

本メールは(株)パイオリンクのサイトにおいて個人情報をご登録いただい
た方、これまで弊社のイベントへご参加・アンケートにご回答いただいた方、
弊社にお問い合わせいただいた方、及び弊社社員が名刺交換をさせていただ
きました方へお送りしております。



★NewsRelease 注目の実証結果を発表!!
====================================================================
  ■ SSL公開鍵長の2048ビット移行とSSLパフォーマンス問題 ■
====================================================================

暗号アルゴリズム(SSL公開鍵長の2048ビット移行)の、2010年問題。

弊社・ロードバランサ「PAS 3716-SSL3000」は、なんと!!

SSL TPSパフォーマンス低下率 「0% (ゼロ)」

その驚愕の「実証結果」を発表します。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●暗号アルゴリズムの2010年問題

インターネット上でのショッピング、個人情報送信や機密文書の
やりとり等において、コンピュータ性能向上と、暗号解読技術の進展により
今現在、従来の暗号技術が破られる危険性が高まっています。

このような状況の中で、米国国立標準技術研究所(NIST)が
弱い暗号アルゴリズムを、2010年末までに、
より安全な強い暗号アルゴリズムに移行させる方針を打ち出し、
世界的に高い暗号技術への対応が、今、急がれています。


●SSL公開鍵長の2048ビット移行に伴う問題

ショッピングや個人情報の入力など、インターネット上のセキュリティを
確保するために、今、SSL技術が標準的に使用されています。

このSSL処理には、高いデータ処理能力が必要です。

そして、このSSLアクセラレーション処理は、
各サーバの前段階に位置する、負荷分散装置(ロードバランサ)で
行うのが一般的です。

今ここで、SSL処理に要求される高い暗号技術として、
SSL公開鍵長を、今までの標準である1024ビットから
はるかに堅牢な2048ビットの鍵長に移行することが求められています。

しかし、負荷分散装置(ロードバランサ)として、
SSL公開鍵長の2048ビット化による、SSL処理能力の低下は致命的です。

SSL公開鍵を2048ビットに移行しなければならない場合、
SSL TPS処理能力の大幅な低下により、
今まで運用してきたシステムを見直さなければなりません。

より高い処理能力のロードバランサの使用が必須となってしまい
コストが予想外に膨らんでしまいます。


●弊社PASにおけるSSLパフォーマンス検証の結果

弊社は、お客様の「SSL公開鍵を2048ビットに移行」の対応を重視し、
弊社のロードバランサであるPASにおける
SSL公開鍵長の2048ビットへの移行によるSSLパフォーマンスを
計測機器を用いて検証しました。

その結果は・・・・・

弊社・ロードバランサ「PAS 3716-SSL3000」は、
SSL公開鍵長が2048ビットになっても、SSLパフォーマンスの低下は無い。

という結論に達しました。

常に、コストパフォーマンスを提唱する、私達パイオリンクにとって、
この2010年問題及び検証結果は、エンドユーザー様への
影響範囲が大きいものと捉えています。

弊社PAS製品の特徴である、基本に忠実なサーバ負荷分散機能と
SSLアクセラレーション機能で、
シンプルなロードバランサ性能を利用したSSL TPSパフォーマンスは、
SSL公開鍵長が2048ビットになっても、低下しないことを確認しました。


▼詳細はこちらから
http://www.piolink.co.jp/sec4/news5.html



★ロードバランサの無料貸し出し

「PAS 3716-SSL3000」は、実際に検証が可能な評価機の
無料貸し出しサービスを実施しております。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)パイオリンクへのお問合せ先
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本メールは(株)パイオリンクのサイトにおいて個人情報をご登録いただい
た方、これまで弊社のイベントへご参加・アンケートにご回答いただいた方、
弊社にお問い合わせいただいた方、及び弊社社員が名刺交換をさせていただ
きました方へお送りしております。

※ 製品に関するお問い合わせはこちら
https://ssl.piolink.co.jp/sec2/sec_06.html

※ メール配信の登録・停止をご希望の方はこちら
https://ssl.piolink.co.jp/sec2/sec_05.html

※ ご意見・ご感想はこちら
mailto: marketing@piolink.co.jp

※ 個人情報の取り扱いについてはこちら
http://www.piolink.co.jp/sec2/privcy.html


▼(株)パイオリンク・メールマガジン【アルバトロス】 バックナンバー
http://www.piolink.co.jp/sec2/sec_0501.html


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
発行・配信:株式会社パイオリンク

160-0022
東京都新宿区新宿1-34-14 第2貝塚ビル3F
URL: http://www.piolink.co.jp/

☆等幅フォントでご覧ください。☆許可なく転載することはご遠慮ください。
Copyright(C) 2011 (株)パイオリンク・メールマガジン【アルバトロス】
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□






 | 戻る | 閉じる |